遺譜 浅見光彦最後の事件   下

画像


なかなかの大作でした。

内田康夫先生はこの作品をもって引退の覚悟だったんですね。

あと4作は書くけど、って感じです。

この作品は6年の歳月を費やして、描かれた、ヒトラ-の時代まで遡り、現代につながり

光彦の将来までを、予想させる作品です。

ぜひ読んでみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック