2045年おりづるタワ-にのぼる君たちへ

image10[1].jpeg

松田哲也

よく考えたら、著者と直接話をしたことがある本

って初めて読んだかもしれません。

おりづるタワ-に昨年のぼる機会があったんですが、

本を読んだ後に、もう一度上ってみたいなって思いました。

大変ご苦労され、建設されたタワ-なんで、今度は家族を連れて行こう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント