テーマ:西村京太郎

十津川警部 予土線に殺意が走る

西村京太郎先生の作品です。 今度は四国。 闘牛??から話が始まる、大きな仕事の浦で動いている事件を暴く。 どんな展開なのか? ストリ-が面白い作品です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八月十四日夜の殺人

十津川警部 またまた西村京太郎先生 やはり先生の作品と戦争は切り離せないんだろうなって思います。 日本はつい最近まで戦争をしていたんだなって改めて思います。 8月15日ではなく、8月14日に敗戦していた。 9月2日が一般的に戦争が終わった日のようです。 こんな歴史的な事実さえ、あまり教育されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スト-ブ列車殺人事件

西村京太郎先生。 十津川警部シリ-ズなんだけど。 全然十津川警部が登場しない初のパタ-ン。 そんなわけで変わっているけど、しっくりこなかったな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登 花嫁列車殺人事件

西村京太郎先生。 予約して順番をかなり待ちました。 映画が絡んで、親子二代、またまた政治家がらみと 複雑な展開でした。 最後はご想像に! という締めでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線 ダブルの日

西村京太郎先生 北陸新幹線です。 近年の先生に感じるのは、過去の戦争に関する ストリ-展開が多いなって。 そうはいっても、もう戦争経験者は、数十年で誰もいなくなるでしょう! 不思議なもんで、つい最近飛行機を作っている会社を訪問したことがあり、 ちょうど本を読んでいたので、不思議な気持ちにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十津川警部 山手線の恋人

これはかなり現在に近い雰囲気です。 日常ありがちな、同じ電車で同じ場所で同じ人に会う。 しかしひょんなことから、事件に巻き込まれて、 最後は政治家まで発展して、想像で終わるパターン。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総の列車が停まった日

西村京太郎先生。 戦争。 将棋 またまた日本が昔やっていた戦争。 海外への侵略。 それがいまこのタイミングで復讐が、、、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無人駅と殺人と戦争

西村京太郎先生です。 これは戦争を経験されているからの作品かなと。 終戦記念日は、8月15日なんだと思っていたけどどうも違うようです。 確かに戦争は、いつ始めて、いつ終わるか? 相手があっての話。 9月2日がある意味正式な終戦記念日のようです。 では8月15日は何の日か? 昭和57年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十津川と三人の男たち

西村京太郎。 これたぶん、2回目かな? ちょっと行けてない、広島の芸人さんが登場します。 架空の存在ですけどね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十津川警部 子守唄殺人事件

西村京太郎先生の作品です。 全国に子守唄って沢山あるんですね。 この時代、あんまり、子守唄をうたっている姿を見ないのは 私だけでしょうか? 実はお母さん方は歌っているのかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰らざる街、小樽よ

西村京太郎先生 小樽は旅行に行ったことがある街です。 いい街ですよね。 カニ食べ放題に行きました。 この物語は、なんだか少し悲しい話です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺意を運ぶリゾ-ト特急

西村京太郎先生。 短編が5話 相変わらず、どれを読んでも、面白いですね。 たった15秒の間に姿を消した! この写真から殺人事件を謎とく。 飽きさせずに読ませてもらえます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の国から来た殺人者

まだ西村京太郎先生の本で読んでいない本がありました。 図書館で見つけたので、借りました。 なかなか面白いです。 今回は電車のトリックは、時間との戦いではありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線殺人事件

西村京太郎先生 久しぶりに、新しい本を読んでます。 2016年1月15日 中身は、北陸新幹線がらみの、なぜか旧日本軍の 戦時中の日本が、かなり深く突っ込んで描かれてました。 ちょっと前まで、戦争はあったんだねって、改めて思います。 二世代前に戻れば、戦争真っ只中。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国の愛、北国の死

西村京太郎先生 短編 4作品。 鉄道のトリックです。 過去の作品で、時代も感じますが、今読んでも 全く違和感がない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉備古代呪い

またまた西村京太郎先生 これは、小説の中にまた違う小説というか? 歴史書見たいな作品がでます。 そのまま、この話でも面白くていけそうです。 何でも書ける先生がすばらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして誰もいなくなる

西村京太郎先生 これはまた、変わったパターンです。 クイズがあって、なかなか難しいです。 リアルにこのクイズに答えても面白いよ。 ゴルゴみたいな殺し屋も出てくるよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北軽井沢に消えた女

西村京太郎先生です。 軽井沢いいですね! また行きたいな。 今回は、土地買収が絡んで、町が大きく変わるかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十津川警部欲望の街東京

またまた西村京太郎先生 十津川警部シリーズの短編だよ。 11月23日の休日に移動のため新横浜まだ移動の最中 読んでました。 さくっと読破。 新しいタッチです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華の棺

西村京太郎先生 これはまた、作風が違います。 ミステリ‐の女王・ 山村美沙、没後10年 30年来の恋人、西村京太郎が哀惜の思いをこめてつづる鎮魂の小説! 京都を舞台に小説家の物語。 殺人事件は起きないよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十津川警部 南風の中で眠れ

またまた十津川警部 西村京太郎先生です。 いわゆる交換殺人です。 現実にあったら怖い話です。 殺人事件は、怨恨、金、異性がほとんどらしい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more